自身が亡くなられた日数、一般的なお葬式をあげればなんにもお話がありません。

ただし、店舗の会長や社長、
店舗のために亡くなられた輩、店舗に多大なる有益をした方、
そういった人々のお葬式は、社葬として執り行なわれるのが一般的です。

それは何ででしょうか…。

社葬は、会長や社長が亡くなられた折、
次のマネジメントらを自社や店舗以外の方に関して紹介することができます。

目新しいマネジメントらを紹介することによって、今までと貫くつきあいをお願いすることができます。

また社葬にカスタマーに参加してもらうことによって、
カスタマーとして認めているって、明確にすることができます。

また社葬の時に、亡くなられた輩のやる気を改めて心に刻むことにもなります。

店舗に多大なる有益をした人の社葬であれば、感謝の意味を表する機会ともなります。

このように、社葬というのは、
亡くなられた方を追悼し偲ぶという大切な役割を果たすと共に、
店舗にとっては、広報となるお日様でもあるのです。家族葬の費用